アコースティックギター録音入門

header.jpg

DAWでオーディオ録音するときに必要なもの

アコースティックギターをDAWでレコーディングするときに絶対必要なものは「パソコンとオーディオインターフェースとDAWソフトウェア」です。
もちろん、アコギとかマイクも要りますよ。
アコギの宅録に必要なもの」を参考にしてください。
それでは、詳しく見ていきましょう。

パソコン

トラック数が増えたりプラグインが増えたりすると、動作が遅くなり最悪フリーズします。
DAWソフトやオーディオインターフェースの推奨する動作条件のスペックは必要です。
動作条件は、各メーカーのホームページで確認することができます。

昔の事ですが、動作条件にほど遠いパソコンでDAWを動かしていたことがありました。
低スペックでも動かないことはないのですが、やはり肝心な時にフリーズしてしまうような状態でした。
最悪なのは、録音中や編集中に止まってしまうとそこまでのデータが飛んでしまうことですね。

ストレスのない状態で音楽制作することが大切です。

オーディオインターフェース

パソコンにはマイクやヘッドホン用のジャックがあります。
そこにスピーカーをつないで音楽を聴いたり、マイクをつないでスカイプなどを利用したりしている方もいると思います。
しかし、それらを使ってアコギを録音してもまともに録音できません。
パソコンに付いているものは「とりあえず鳴ればいい」「声を拾えればいい」という程度のものであって音楽用では無いからです。

音楽制作では、パソコンで高音質な録音再生をするために専用の機材を使います。
それがオーディオインターフェースです。

オーディオインターフェースを動作させるにはある程度の知識が必要です。
こちらの「オーディオインターフェースの選び方」で詳しく説明します。

DAWソフトウェア

DAWソフトウェアは初心者向けのものから高機能なものまで様々です。
オーディオインターフェースなどの周辺機器を購入するとDAWソフトが付属してくる(廉価版ですが)ことが多いです。
まず初心者はこういったものを利用したほうがいいでしょう。

初心者は解説本が出ているような有名なDAWソフトを選んだ方がいいと思います。
DAWソフトにヘルプが付いていますが初心者にとっては分かりにくいでしょう。
また、有名なDAWソフトは使っている人が多いので人に聞けるメリットもあります。

やはり、有名なのはPro Toolsですね。
WindowsではSONARやCubase、MacではLogic、Digital Performerが人気のようです。

値段は2万円ぐらいからあります。
音源やプラグインの数、使用できるトラック数などで値段が変わります。

< 前へ | 次へ >

TOP (もくじ)

掲示板

問い合わせ

▲ページトップに戻る